# Projects

これまでつくったものなど。

# qantuppi

https://qantuppi.firebaseapp.com (opens new window)

2018/9/17 リリース。名前はカントゥッピと読んで、粘土板に文字を刻む葦筆の意味です。

楔形文字の翻字(ラテン文字表記。例えば𒀭ならaとか)を楔形文字に変換するWebアプリ。入力すると楔形文字の候補が出てきて、エンターキーやドットやハイフンの入力で確定させます。

個人的にはほとんど毎日使ってる便利なやつ。

# KUR.NU.GI.A

https://kurnugia.web.app (opens new window)

2020/3/7 リリース。

# 使い方

  1. 楔形文字を一覧から選んだり、コピペしてきたりしてInput Cuneiformに入力する
  2. 「解読する」のタブに移動して読みを選択する
  3. 「検索範囲」のスライダーを動かすと表示する文字や読みの種類が増えるぞ

楔形文字の五十音表とかで文字を拾って暗号みたいに書いてるの画像をたまにTwitterで見かけて、解読してみようと思うんだけど楔形文字ぜんぜん覚えられないのでこういうのあったら楽かなと思って。qantuppiに比べると、こっちはあんまり使ってない。

# 技術書典

# 楔形文字とユニコードの出会いにまつわるエトセトラ

# 楔形文字とユニコードの出会いにまつわるエトセトラ (opens new window)

初 出イベント:技術書典7 (2019/9)

A5版 84ページ

# 楔形文字を読みたくて読めなくて眠れない夜には

# 楔形文字を読みたくて読めなくて眠れない夜には (opens new window)

初出イベント:技術書典応援祭(2020/3)

A5版 60ページ

# 楔形文字で綴る人理遡行運命譚

# 楔形文字で綴る人理遡行運命譚 (opens new window)

初出イベント:技術書典9(2020/9)

A5版 73~100ページ

# ワンダーフェスティバル

# ワンダーフェスティバル2018[Summer]

2018/7/29 幕張メッセ 5-33-04 mysttブース

3Dプリンターで円筒印章をつくって販売しました。3Dのモデルつくるのけっこうたいへんだったんだけど、円筒の上にレリーフするのってもう少しかんたんなやり方があったんじゃないかな……。出来上がってみると、粘土にコロコロすると意外なほどにくっきり図像が浮かび上がってかなり楽しい。

# ワンダーフェスティバル2019[Winter]

2019/2/10 幕張メッセ 4-22-11 mysttブース

3Dプリンターでツェルコとかつくって販売しました。右端のは金箔が貼ってある。ツイートにある金箔の二色使いっていうのは、金の含有率で金箔の色が違うんですね。

# ワンダーフェスティバル2019[Summer]

2019/7/28 幕張メッセ 7-51-03 mysttブース

3Dプリンターで冥界の槍檻をつくって販売しました。これはかなりうまくできたと思う。マテリアル本が出る前だったから、槍檻の底の形がよくわからなかったんですよね。